‘アフリカ’ カテゴリーのアーカイブ

アフリカビジネスの現状と今後

2013年10月17日 木曜日
 
 昨今、日本企業からも注目を集めるアフリカ市場。先日、一週間ほど東アフリカのタンザニア連合共和国を訪れる機会があったので、ビジネスという観点で見聞きした事、思う事を少し書いてみます。通信(携帯電話)、食品、自動車・二輪車という3つの業界について。個人的には2年半ぶりのアフリカでした。
 
【通信(携帯電話)】
 やはりかなり普及しています。所得がそれほど高くなく、経済的に十分に豊かでなくとも、人々はコミュニケーションのために優先的にお金を使います。通信大手Vodacom社を始め各社の回線はそれほど良くないようで、2台以上所有している人や、Dual SIM仕様(複数キャリアのSIMカードを切り替えて使用できる)端末を持つ人も見かけました。身なりから判断するに比較的所得が低い層が主に使っているNOKIA、最大都市であるダルエスサラーム中心部のオフィスに勤務するホワイトカラー層が主に使っているGALAXYやiPhoneといったところまでは想像の範囲内でしたが、思いのほか、中国企業TECNO製のスマートフォンに頻繁に遭遇しました。一般の会社員、NGOのスタッフ、街で見かけた若い女性(学生?)等が手に持っていたスマートフォンは皆TECNO製で、聞いてみると一台60〜70ドル程度で購入できるとのこと。
 実はこのTECNO社、中国企業ながら「アフリカのみをターゲット市場として捉える」と明言している特異な企業です。公表されている企業としてのMissionは”To provide satisfying mobile communication products and service to consumers in Africa, to create happiness in material and spirit for the staff.”。アフリカでは既にSamsungの競合とも言われており、エチオピアで2012年から現地工場での製造を行っているほか、ナイジェリアやケニアにも工場を設立計画中のようです。アフリカ各国で20%前後の市場シェアを持つとの情報もあります。確かに、世界の携帯電話市場の今後を考えれば、間違いなくアフリカは巨大市場。実際に製品を使っている人は品質に不満があるようで僕のiPhoneを羨ましがってはいましたが、企業としてはエッジが効いており、個人的には応援したいです。
 SMSを活用したM-Pesaのようなアフリカならではの金融システムも話題になっていますが、今後アフリカでも爆発的にスマートフォンが普及すれば、モバイルインターネットを活用した新たなアフリカ発のサービスが現れるかもしれません。そのためには、モバイル通信回線の改善や、Wi-Fiの更なる普及も必要ですが(東南アジア等と異なりFree Wi-Fiは滅多に見つかりません)、そのような通信インフラ整備といったハードの側面でも上手くやればチャンスはあるのではないでしょうか。
 
【食品】
 タンザニアは農業国であり、地元の市場へ行けば非常に安い価格で新鮮な食材を購入することができます。しかし、いわゆるModern Trade、つまり近代的なスーパーマーケットの食料品売場に並ぶ加工食品、包装食品は輸入品ばかりです。原産国は南アフリカが圧倒的に多く、一部隣国のザンビア製のお菓子等も見受けられます。世界的大手のNestle社、Mars社も南アフリカやヨーロッパで生産したチョコレート等を流通させています。
 スーパーに置いてある地場メーカー製のお菓子はお土産にちょうど良いので、どの国に行っても一度は見に行くのですが、残念ながらタンザニア製で持ち帰れそうな食品はほぼありませんでした。辛うじて見つけたまともな包装食品はコーヒー、紅茶、カシューナッツ程度。タンザニア地場大手財閥であるBakhresa Group製のAzamブランドのパン、紙パックのジュース等も陳列されていましたが、お土産には適しませんでした。
 そのような中でも大々的に現地生産しているのはやはりCoca Cola社で、複数種類の炭酸飲料のほか、飲料水等も広く国内に流通させています。どこのレストランや小さな売店に行っても冷蔵庫の中にはコーラやファンタが並んでいました。以前、別のアフリカの国を訪れた時も同じくCoca Cola社だけが現地化している状況があり、その開拓精神はまるで土着宗教しか存在しない地に乗り込む宣教師団のようだとさえ思えます。
 食品に限らず、一般消費財も輸入品ばかりであり、まだまだmanufacturingという概念が定着していない国ではありますが、潜在的な消費市場が大きいのもまた事実。路上で販売されていた地元の英字新聞“Business Time”の一面の見出しを見ると、“Low cost production in Tanzania pays”と大きく書かれていました。南アフリカや上述のエチオピア等と比べて製造業の誘致に成功していないタンザニアですが、政治的に安定しており、ダルエスサラームという港町もあるため、今後は生産拠点としての投資が拡大してもおかしくありません。
 
【自動車・二輪車】
 さて、ここまで日本企業の活躍について何も書くことができず辛かったのですが、自動車・二輪車市場に目を向ければ話は変わります。中古車も含めてですが街中で目にする乗用車は圧倒的に日本車、特にトヨタ車です。地元の人も自動車は日本ブランドが一番だと声を揃えていました。しかし自動車が普及するとどこの新興国の都市も同じように、渋滞が問題となります。ダルエスサラームも例外ではなく、通勤ラッシュに巻き込まれるとまったく身動きがとれなくなってしまいます。
 そこで2007年に政府直下のDART (Dar Rapid Transit) Agencyが設立され、市内に公共交通機関であるBRT(Bus Rapid Transit)Systemを導入するべく、目下建設工事が進行中となっています。これは一般車両とは別に公共のバスだけが走る事ができる専用車線を設けるもので、例えばインドネシアのジャカルタを走るTransJakartaと同様のシステムです。現在の主要交通手段であるDala Dalaと呼ばれる小型バス(主に日本の幼稚園バスなどの中古車を活用)に取って代わる新たな市民の生活の足として、2015年の開通を目指して駅を建設し、既存の道路の一部を専用車線として整備し直しています。この工事はドイツ系の建設会社が請け負っているとの事なので、導入される車両もドイツ製になるのでしょうか。既に国内を走っている大型長距離バスではブラジルMarcopolo製の車両も多く、またMarcopolo社は既に南アフリカのBRTでも導入実績があるため、こちらも有力候補かもしれません。
 しかし工事の影響で、ただでさえひどい市内の渋滞は更に悪化しているのが現実です。そのような中で個人のバイクタクシーが活躍しています。まだバスが走っておらず一般車両も通れない、ガラガラのバス専用車線(建設中)をバイクタクシーの後ろに乗って、渋滞の列の横を走り抜けるのは気分が良いのですが、安全面で不安が残ります。中国製の安価なバイクが主流ですが、きちんとメンテナンスされているとは言えず、バックミラーが片方しかなかったりもします。既にBRTが導入されていても同じく渋滞がひどいインドネシアで注目を集めるGO-JEKのようなビジネス(バイクタクシーを個人の商売ではなく企業として組織立てて運営するスタートアップ)も、今後アフリカ各地で広まっていくのではないでしょうか。
 ちなみに、タンザニアのバイク乗りは、中国製のバイクを愛用しながらも、本当はHONDAやYAMAHAのバイクが欲しい!とぼやいていました。バイクに限らず、日本ブランドを信じてもらえているうちにアフリカの皆さんともっと親しくなりたいところです。
 
 以上、総じて、日本企業にとってあまり簡単な市場でない事は事実だと思います。しかしこの市場に本気で向き合っている企業は何かしらの、しかもアフリカ特有のSolutionを導き出しているのもまた事実。今後は更に面白くなりそうです。
 
 
タンザニア連合共和国の経済について:
主要産業は農業(コーヒー豆等を輸出)、鉱業(金等を輸出)、観光業(サバンナのサファリ等)など。現在の一人あたりGDPは500ドル台ではあるものの、2001年以降の経済成長率は6〜7%台を維持。国連推計では2100年の人口は現在の5倍以上に増加し、人口規模で世界の上位10ヶ国入りするとされている。
 
 
image1          image2
写真(左):牛の売買をするマサイ族の男性はNOKIA製の携帯電話のユーザー
写真(右):ダルエスサラームで最大のショッピングモール