‘グローバルビジネス’ カテゴリーのアーカイブ

インドネシアの労働法と労働組合

2014年4月25日 金曜日

◎労働者保護の色合いが強い労働法と活発な労働組合活動

外資系企業がインドネシアへの進出を検討する際に、決まって挙げられる課題がある。それは労働者保護の色彩の強い労働法とデモ・ストライキを頻発させる労働組合の存在である。これが原因で、多くの外資系企業が人件費負担増のリスクにさらされることになる。

 インドネシアデモ写真

インドネシアにおける労働組合によるデモの様子

インドネシアの労働法は、具体的には次のような特徴を持っている。

  • 短期で完了する業務は契約社員を雇用することで対応することを許可しているが、2年間以上継続する業務は正社員を雇用して対応することを義務付けている。
  • 企業サイドの事情で簡単に正社員を解雇することを禁じている。(裁判で刑事罰が確定したようなケースや、会社が2期続けて赤字のようなケースで初めて正社員の解雇が認められる。)

企業は一度正社員を雇用すると、その労働者が定年(55歳)に至るまで雇用し続ける義務を負うことになる。従ってできるだけ雇用期間を限定することが出来る契約社員を雇いたがる傾向が強いが、労働組合はこの契約社員を正社員に切り替えさせるための要求を企業に強く求めてくる。また組合は賃上げも強く要求している。この活動により、インドネシアの最低賃金水準は近年急激に上昇している。(下表を参照)

 

ジャカルタ 最低賃金推移

最低賃金
(単位:インドネシアルピア)

上昇率(%)

インフレ率(全国)(%)

2009

1,069,865

10.00%

2.80%

2010

1,118,009

4.50%

7.00%

2011

1,290,000

15.38%

3.79%

2012

1,529,150

18.54%

4.30%

2013

2,200,000

43.87%

-

出典:インドネシア労働移住省

 

◎労働法および労働組合活動の今後の動向

外資系企業にとっては、この労働者保護の色彩の強い労働法と強い労働組合の存在は悩みの種であるはずであり、私もお客様より今後の動向を聞かれることが多い。私は、労働法は今後とも当分は不変であるものの、労働組合活動は和らいでいく傾向にあると思っている。

労働法が不変である理由は、昨今のインドネシアの国内政治情勢にその根拠がある。先日実施されたインドネシアの総選挙において、メガワティ元大統領率いる闘争民主党の得票率が19%で首位であったが、現行労働法はこの闘争民主党が政権を担っていた2003年に制定されたものである。この労働法を何とか改正しようと試みた現職大統領のユドヨノ氏が率いる民主党は今回の総選挙で得票率10%に留まり、政権与党に就く可能性はなくなってしまった。これにより、少なくとも次期大統領の任期である5年間は労働法が改正される可能性は極めて低いと考えられる。

また、労働組合の活動が和らぐ根拠であるが、ここにも政治が絡んでいる。インドネシアの労働組合の活動資金は政党から提供されていると言われている。選挙前は票の獲得に向けて派手なストライキを労働組合に演じさせて、その要求を政府が飲む形で最低賃金を上昇させる。つまり、労働組合活動は選挙の終了と共に、一旦落ち着くと考えられるのである。

それから、インドネシアの最低賃金の水準が既に他国と比較してもそれほど遜色の無い水準にまで上がってきているという事実も、労働組合の活動が和らぐ根拠の一つとして数えられる。(下図を参照)

 

 アジア主要都市最低賃金

 

先日インドネシアに訪問し、労働制度を司る労働力・移住省の官僚にインタビューを実施する機会を得た。

その官僚は、次のようなことを話していた。「インドネシアでは労働力人口に比して、雇用を提供する企業の数がまだ少ない。にもかかわらず労組の企業に対する要求が強すぎると、外資系企業がインドネシアから撤退してしまう恐れがある。これは雇用の減少につながるため労働者自身を苦しめることになる。この点がインドネシアの労働市場の最大の問題点である。」

政府は選挙対策として最低賃金を上昇させたが、それがインドネシア経済にとって必ずしもプラスにはならないということを理解している。このことから推測すると、今回の総選挙後は最低賃金の上昇は一旦ストップする可能性が高いのではないか。もしそうであれば、インドネシアに進出した(もしくはこれからしようとしている)企業にとっては好材料となるはずである。

マレーシアのDiversity

2014年3月21日 金曜日

少し遅れましたが、1月にマレーシア出張に行ってきました!今はベトナム出張中ですが、まずはマレーシアから。

今回は基本的にクアラルンプールを拠点として、毎日片道4?7時間の郊外(田舎?)でインタビューをしてきました。なかなかプライベートでは行けない場所ですし、クアラルンプールとはやはりかなり違う町並みなので、車移動中ずっと窓の外を見て新興国を感じ、わくわくしました!

道路の真ん中に牛やサル(常夏のサルは体が小さく、尻尾が長くて可愛いです)が出てきてクラクションで追い払うというハプニングはもちろんありましたが、何よりも興味深かったのは、クアラルンプール以外の地域の人々の生活を観察することができたことでした。

滞在期間が短く、特定の方々へのインタビュー目的で行っていたわけで、現地の一般の人々の生活を感じ取れたとまでは言えませんが、窓から子供達が学校へ行く様子、お母さん達がスーパーで買い物をして帰っていく様子、若い女性達がオシャレをして出かけて行く様子など、日本とは違う文化・背景の中で同じような生活を過ごしている状況を観察していると、日本とマレーシアの違いや共通点が色々と見えてきました。

一番興味深かったのは、マレーシアのDiversity。ご存じの通り、マレーシアはマレー系(約65%)、華人系(約24%)、インド系(約8%)が入り混じる多民族国家で、道を歩いていても、文化背景の違う様々な民族が入り混じって生活している様子が見られました。食事もマレー系、中華系、インド系が楽しめますし、面白いなと思ったのは雑誌の数が豊富なこと。

日本だと女性向けのファッション誌は殆どが日本人の女性をターゲットとしたものだと思いますが、マレーシアでは当然のごとく、マレー系、中華系、インド系など各民族の女性をターゲットとした雑誌がありました。

マレー系の女性はイスラム教の方が多いため、スカーフを頭に巻いていますが、オシャレとしてやはり巻き方なども工夫しているようです。日本のファッション誌でよくあるように「あのセレブはこうやったオシャレをしている、このブランドの服を着ている」などを紹介しており共通点はありますが、そのポイントがスカーフの巻き方やスカーフのブランドなどなので違いももちろんあり、興味深かったです。

日本との違い、Diversityを見つけることは海外出張/旅行の醍醐味なのかと思うので、今後も海外出張に行った際には皆さんと共有できればと考えています!

タイ デモ最終決戦日

2013年12月18日 水曜日

タイのデモ最終決戦日の様子

 

タイに行くとタイ人にタイ語で道を聞かれる時田です。

 

今月タイへと出張へ行っていたのですが、

9日(月)のデモ最終決戦日にちょうどバンコクに滞在をしておりました。

 

日本からニュースを聞いていた時点では死傷者が出たり、

日本人学校が休校になったりとかなり物々しい状況であるかと思っていたのですが、

タイ現地で見た限りではデモに参加をされている方々はみなお祭り騒ぎのように、

笛を吹き、国旗をかざしながら平和的に練り歩いているという感じでした。

デモの様子

 

 

首相府に向けて町の各地点から大名行列のように多くの方々が練り歩いていたため、

渋滞が起こり、アポは再調整にはなりましたが、その他の大きな問題は自分の周りでは起こりませんでした。

 

現場に行って自らの目で見て判断する大切さを改めて感じた日でした。

北京の地下鉄事情

2013年12月7日 土曜日

北京西駅を出て、タクシー乗り場に向かったら、長い列が並んでおり、寒さに耐えながら1時間ぐらい待ってやっとタクシーに乗れたのに、渋滞でホテルまで着くのに結局2時間ぐらいかかった。それで翌日はタクシーに乗りたくないと思って、地下鉄を調べてみて、実際に利用してみたところ以外に地下鉄での移動が非常に便利だった。

北京には1号線、2号線、4号線(大興線)、5号線、6号線、8号線(五輪支線)、9号線、10号線、13号線、14号線、15号線、八通線、地鉄昌平線、亦庄線、房山線、空港線など16つの地下鉄がある。空港線(25元)以外のすべての地下鉄の料金は、乗車距離にかかわらず、乗り換えをも含めて一律2元である。

なお、北京で便利な地下鉄を乗るには事前に知っておくべきこともある。

?自動販売機はあるが、ほとんど1元コインのみ利用することになっており、駅によって紙幣は利用できない場合もある。自動販売機で紙幣が利用できる駅もあるが、5元、10元のみ利用できる。1元紙幣のみお持ちの場合は前の人との両替、またはチケット販売窓口での購入することができる。チケット販売窓口で購入する場合は領収書もあるので、必要があればもらっておくことも忘れずに。

?通勤ラッシュ時は地下鉄利用者がびっくりするほど多いし、エスカレーターが限られているので、荷物を持って移動するのは大変。

?地下鉄に乗って降車駅の前の駅に着いたら、事前に席から離れ、ドアの前まで移動しないと降りられない可能性が大きい。なぜならばドアの前に人たちは自分の降車駅に着かない限り、わざわざ降りて道を開いてくれたりしないし、ドアが開けたら乗る人と降りる人が同時に動き出す。

北京地下鉄路線図

地下鉄利用者数

中国ビジネス・サービス編

2013年12月2日 月曜日

エクスプレスサービスと言えば、中国に関わるビジネスマンの中で知らない人は多分いないだろう。

最も有名なのは、宅配大手申通快逓(SHENTONG EXPRESS)です。

2012年には、従業員数2万人以上の同業他社を買収し新たに国内1,600ヶ所の宅配ネットワークを持ち、自社の宅配ネットワークを5,000ヶ所以上にまで拡大させました。

上海を中心とする浙江省、江蘇省エリアに強みを持ちながら全国にネットワークを拡大し、2011年1日の最高取引件数は400万件を突破し、2012年には更に記録を800万件以上にまで更新しました。

特に注目すべきは夕方出した書類を翌朝9時までにDOOR-TO-DOORで届けるサービスです。

値段はとてもリーズナブルで、同じ都市であれば1件あたりわずか100円前後(8元)です。

書類を受け取ると、登録された荷主の携帯に直ちにショートメールが入り評価アンケートが始まります。うまくITを取り入れて顧客満足度に対する取り組みがなされているようですね。

中国経済発展のスピードを、わずか100円のサービスからでも肌で感じることができるのです。

中国ビジネス・食事編

2013年11月29日 金曜日

SDIの張です。初めてブログに登場します。

中国だけではなく、最近はアメリカ、台湾、ASEANの案件など幅広く行っています。

先日、上海及びその周辺地域の工場を訪問するため1週間現地に滞在しました。

 

浦安にあるのに「東京」ディズニーランドと呼ばれるように、中国では江蘇省蘇州市陽澄湖で生息している蟹も上海蟹と呼ばれています。

江蘇省昆山市の企業訪問後、上海の退社ラッシュを避けるため近くにある陽澄湖で晩御飯を済ませることになりました。

林立している店(建物と言うべきか。。。)の看板はいずれもピカピカ。店外からガラス越しに内部の客数を確認し、比較的満席している店を選んで中に入りました。

まず案内されたのは、テープル席でも個室でもなく店の裏側にある蟹の養殖スペースです。自ら養殖スペースで蟹を選ぶことに驚く外国人の方もいるかもしれませんが、実は、時間的に余裕があれば、小さな船で湖に出かけ自ら蟹を釣り上げ、店に持ち込み、蒸して食べるのが典型的な食べ方だそうです。

この時期はちょうど上海蟹のシーズン。本場の上海蟹、酔蝦(ツェイ・シア)という珍味と出会えたらより一層中国ビジネスの面白みも醍醐味も味わえるかもしれない。

とは言え、飲食店のサービスはまだまだですね。

 

上海の今

2013年11月28日 木曜日

「おぉ、すごく綺麗な空港だ」

 

そう思ったのが空港に降り立ったときに感じた第一印象だった。

その内装はバランスや秩序が保たれており

まさに国際空港にふさわしい規模と清潔さを兼ね備えている、さすが上海と直感で感じていた。

タクシーで空港から上海市内のホテルでその印象は変わらない。

他の地域とは違い、キチンと整備された道路は諸外国からの訪問客を気持ちよく受け入れてくれる。

 

 

 

現在の上海には、日本並み、いやそれ以上に新しい巨大なビルが乱立している。

金融中心

中国1位の高さを誇っている2008年施工、

森ビルの上海環球金融中心を筆頭に

 

ジンマオタワー

グランドハイアットが入るジンマオタワー

 

国際プラザ

5つ星ホテルのル・ロイヤルメリディアンが入る上海シマオ国際プラザ

 

上海中心

またこの上海タワーが2014年完成すれば、

高さ632メートル、階数は128で延床面積は地上部分380,000平方メートルで

このビルが中国1位の高さになる。(世界では第2位)

 

中国はその10億人兆の人力とここ数年で膨れあがった富で更なる発展を遂げていくように感じられた。

【外灘から見る上海高層ビル群】

東京オリンピック開催へ向けてーーロンドンの経験から学べること

2013年11月19日 火曜日

先月、ロンドン&パリへ行ってきました!

日本でのオリンピック開催がめでたく決定したタイミングでもありましたし、ロンドンではオリンピックに関する話を色々聞いてきました。

まず、オリンピック開催に伴う観光需要について。

ロンドン市観光局によると、ロンドンをはじめとした過去のオリンピック開催国では、オリンピック開催決定後に海外からの観光客が長期的に増加したとのこと。これは、オリンピック開催決定によるイメージアップと振興策などの相乗効果によるもの。

ただし、ここで注目すべきは、オリンピック開催直前に観光客は減る傾向にある(少なくともこれまでは)ということ。これは、オリンピック開催都市には、「オリンピック中は混雑する、滞在費含む物価が上昇する」というイメージがあるので、一般観光客はオリンピック開催直前?開催期間中はオリンピック開催都市への観光を避ける傾向にあるため。たしかに、オリンピック観戦目的以外の一般観光客は「わざわざ混雑する今年に行かなくても、来年でもいいかな」と思ってしまう人もいるのかもしれない。

ロンドンでは、オリンピック開催直前?開催期間中は美術館や博物館など従来の人気スポットへの来場客が大幅に減ったとのこと。オリンピック会場へ行けなかった観光客も飲食店などで試合を観戦していたらしく(ロンドンにはテレビ付きのパブが沢山ありますからね)、その影響が大きかったのでしょう。

日本においても、宿泊施設や飲食店に大きな経済効果があるのは間違いないかと思いますが、ロンドンなど過去の事例を見ると、その他の業界においても同様に経済効果が期待できるとは必ずしも言い切れないのかと。また、宿泊施設、飲食店でも、国内外観光客の取り込みに積極的かそうでないかで大きな差が出てくるのかと思います。せっかくのオリンピック、単に楽観的に構えるのではなく、経済効果の恩恵を受けられるよう見直していかなくてはいけないのかもしれません。

2013年第十二回中国国際住宅産業博覧会

2013年10月24日 木曜日

「第十二回中国国際住宅産業博覧会」に行ってきた。

展示面積は18000?程度で、展示範囲は主に?展示会の主題である「中国明日の家2013」の展示区域、?国家住宅産業化基地示範展示区域、?2013年中国政策支援住宅(保障性住宅)建築材料部品推奨専門区域、?国際住宅技術&部品展示区域、?住宅産業における十大重点技術展示区域で構成された。当展示会は10月23(水)?10/25(金)の三日間、中国北京国家会議中心(オリンピック公園、ウォーターキューブ(水立方北側)で行われる予定である。

The entry of Google into the market for medical product

2013年10月21日 月曜日

先日、またあのITの巨人がHotTopicを提供してくれた。

インターネット検索最大手、グーグルが医療分野に参入するとのこと。

logo

?以下 CNN引用?

CNNによるとグーグルは健康医療分野の新ベンチャー企業「カリコ」の設立を発表し、特にアンチエイジングや加齢に伴う疾患予防に重点を置くとしている。

グーグルはカリコの具体的な事業内容に関する詳細を明らかにしていない。ただ、最高経営責任者(CEO)には、グーグルのライバルである米アップルのアート・レビンソン会長を起用した。レビンソン氏はバイオテクノロジー大手ジェネンテックのCEOなどを務めた経歴を持つ。

さらに珍しいことに、グーグルのプレスリリースにはアップルのティム・クックCEOが「あまりに多くの友人や家族が若くして亡くなっており、多くの場合、生活の質が欠如している」とのコメントを寄せ、レビンソン氏の起用を称賛した。

グーグルのラリー・ペイジCEOは、SNSサービス「グーグルプラス」の自身のページで、「これはグーグルが現在やっていることとはかけ離れている」「だが、生命を向上させるための技術は多大な可能性を秘めている」と説明している。

???

 

日本では、ドコモがiPhone新製品の発売で盛り上がった先月、アップル社のレビンソン会長をCEOに迎えて、グーグルが老化と病気に取り組 む新企業「カリコ」を設立するというニュースが世界に流れた。

「グーグルが医療分野進出?」、多くの人はそう思ったかもしれない・・・・・・・

しかし同社はこのほかに も、自動運転カーや気球式インターネット網など、さまざまな"ムーンショット(途方もない)"プロジェクトに取り組んでいる。荒唐無稽な空想と切って捨て るわけにはいかない。なにしろグーグルは、世界中の道をカメラを乗せた車で撮影して記録するストリートビュー計画や、図書館データベース計画を着々と進め てきた実績がある

新会社カリコはグーグルの大規模なクラウドとデータセンターを利用して大規模データマイニングを行い、疾病と老化に関する研究を推進す る。グーグルのペイジCEOは「数百万人を延命できる」と語った

人類の図書資産のデジタル化、地球上の道の景色の収録、そして万人の願いである延命への 挑戦。次はどんなムーンショットに取り組むのか。人口増加に対応して、食糧の増産や環境・エネルギー問題の解決に貢献するだろう。

設立からわずか 15年のグーグル。さらに15年後、どんな夢を実現してくれるだろうか。

 

時代はスマホから※ウェラブルコンピュータ時代へ突入か。

身につけて持ち歩くことが出来るコンピュータのこと

・Google glass

glass

"ok glass"で起動し、写真・動画の撮影、メール送受信、音声翻訳など行うことが出来るデバイス。

Wi-FiまたはBluetoothを使ってインターネット接続(デザリング)が可能で、GmailやEvernoteなどおなじみのアプリが使えるという。

 

・コンタクトレンズコンピューター

コンタクトレンズ

まさに未来型のコンタクトレンズ

すでに実用化にむけた研究は進んでいるようです。