李 英美

北京の地下鉄事情

北京西駅を出て、タクシー乗り場に向かったら、長い列が並んでおり、寒さに耐えながら1時間ぐらい待ってやっとタクシーに乗れたのに、渋滞でホテルまで着くのに結局2時間ぐらいかかった。それで翌日はタクシーに乗りたくないと思って、地下鉄を調べてみて、実際に利用してみたところ以外に地下鉄での移動が非常に便利だった。

北京には1号線、2号線、4号線(大興線)、5号線、6号線、8号線(五輪支線)、9号線、10号線、13号線、14号線、15号線、八通線、地鉄昌平線、亦庄線、房山線、空港線など16つの地下鉄がある。空港線(25元)以外のすべての地下鉄の料金は、乗車距離にかかわらず、乗り換えをも含めて一律2元である。

なお、北京で便利な地下鉄を乗るには事前に知っておくべきこともある。

?自動販売機はあるが、ほとんど1元コインのみ利用することになっており、駅によって紙幣は利用できない場合もある。自動販売機で紙幣が利用できる駅もあるが、5元、10元のみ利用できる。1元紙幣のみお持ちの場合は前の人との両替、またはチケット販売窓口での購入することができる。チケット販売窓口で購入する場合は領収書もあるので、必要があればもらっておくことも忘れずに。

?通勤ラッシュ時は地下鉄利用者がびっくりするほど多いし、エスカレーターが限られているので、荷物を持って移動するのは大変。

?地下鉄に乗って降車駅の前の駅に着いたら、事前に席から離れ、ドアの前まで移動しないと降りられない可能性が大きい。なぜならばドアの前に人たちは自分の降車駅に着かない限り、わざわざ降りて道を開いてくれたりしないし、ドアが開けたら乗る人と降りる人が同時に動き出す。

北京地下鉄路線図

地下鉄利用者数

コメントをどうぞ